検索大好き主婦日記
検索で暮らしと向き合う主婦の記録
子育て

子育てのイライラ対策

子育て イライラ 対策

このキーワードで私は何度も検索しています。

思い通りにならないときに人はイライラする。
自分の中の~するべき~しなければいけない普通は~、~は当たり前、などの価値観に反することが出てきた時にイライラする。

子供と過ごしていると自分の価値観の普通に当てはまらない事がたくさんでてきます。

で、そんなイライラをどうしたら良いか自分のためにまとめました。

検索しているだけで一歩前に進んでいます

イライラを解決したいと思っていて調べていることは、子供に怒ってしまったり、子育てでうまくいかなかったことを改善したいと思っているということなので、それだけで一歩前に進めています。そんなようなことが書いてある記事を見たときは本当に救われた気持ちになりました。
そんなことで怒るのはありえない、子供がかわいそう、なんて言われたら余計に凹みます。検索しているだけで、一歩前に進めてるんだと、前向きに考えたら少し気持ちも落ち着くかもしれません。

自分は何にイライラしているのか考えてみる

子供に怒る前に、何にイライラしているか、ちょっと立ち止まって考えてみたら、嫌な言い方をするのを防げるかもしれません。自分の場合を考えてみました。

子供が宿題をせずにだらだら過ごしている時

私の中に宿題や、やらなければいけないことを先にやってからだらだらするべき、という価値観があるために子供がなかなかはじめない時にイライラしてきます。

感情むき出しの母

早く宿題しいや!先にやることやってからダラダラしてって言ってるやろ!

反抗期の息子

わかってる!うるさいな、今やろうとしてた!言われたらやる気なくす!

↑このパターンはお互い嫌な気持ちになるので避けたいです。

冷静な母

いつ宿題はじめるの?

息子

30分になったらやるわ。

早くやればいいのにと気持ちはイライラしていてもちょっと冷静に自分で決めさせるように質問するだけで、子供の返事が変わってきます。という私も毎度こういうような冷静な母でいられるわけではありませんが、知っているだけで、冷静になれる機会も増えたように思います。

兄妹げんかをしているとき

うるさいからイライラしてきます。我が家の場合、兄が妹に余計な事をして、妹が怒ってキーキー言っているパターンが多いです(笑)

感情むき出しの母

うるさい!けんかせんといて!あんたがいらんことするからやろ!

反抗期の息子

いつも俺ばっかり怒る!妹もいらんことしてくるのに!

恥ずかしながらこのパターンあるあるなのですが、冷静なときは、

冷静な母

余計なことしてるやつは誰だー

と言って兄に抱きつきにいきます。そうするとキャーとなってけんかが終わります。そのとき一時的に終わるだけでまだ言い合いしているときもありますが、抱きついてみると、もう放置しておこうと思えます(笑)

おもらしした、牛乳こぼされた

片付けないといけないのが面倒なのでイライラします。うちはもう子供が大きいので少なくなってきましたが、小さい時はイライラしていました。

感情むき出し母

あーもう!だからさっきトイレ行こうって言ったやん!(おもらし)

あーもう何やってんのよ!(牛乳)

冷静に考えてこのパターンは怒ってもどうしようもありません。

どうせ片付けないといけないので、仕方ないとあきらめて、

冷静な母

びっくりしたね、一緒に片付けよう

と言えたら私すごいって知っていたら怒る前に押さえられるかもしれません(笑)

その場を離れる

とりあえず感情を抑えられなさそうだと思ったら別の部屋に行ったり、トイレに行ったりすると、何に怒っていたのか考えることができたり、子供に怒る前に自分の感情と向き合うことも出来ます。私は最近息子が言い訳してきたら、「私はこう思うから一応伝える、あとは自分で考えて」と言って息子の前から消えます(笑)

まとめ

やっぱりイライラするときもあるし冷静になれない時もあるけれど、イライラするのをなんとか改善したいと思っているだけで一歩前進しているんだと自分を励まし、自分の感情と向き合い、自分の価値観を冷静にみつめ、価値観と違った時に感情的に怒るのをぐっと堪える。例え怒ってしまっても、このことを繰り返して良い親子関係を築いていけば良いのではないでしょうか。
このような対策を知ってから、お母さんは先に宿題をしたほうがよいと思うけど、あなたはどう思う?という感じで、あなたがダメなんだというyouメッセージではなく、私はこう思うというIメッセージで伝えられるようになってきました。わかっているけど感情的になってしまう自分と向き合って、良い親子関係にしていけたらいいなと思います。

普通の主婦がブログに記録することで自分の感情に向き合ってます。こういう考え方もあるのねくらいに思っていただけたら幸いです。